読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち直るための3つの方法の実践結果(Ex.当て逃げされた)

私がこれまで本を読んだり、ネットの記事を読んだりして得た

「立ち直るための3つの方法」を実践し、効果があったかお伝えする。

 

①気持ちの文章化

よく言われているが、自分の気持ちを文章化することで、自分を客観視でき、落ち着くことができる。

(1)実践

今日、車での通勤時に渋滞があり、停車・発車を繰り返している中で、自車が停止中に後ろから衝突された。

以下の思いがあり、自車を停止して、警察を呼んだり・相手の連絡先等を聞くことができなかった。

(A)一本道なため自車が停止するとさらに渋滞が悪化し、会社に遅刻する人がでるかもしれない

(B)プレートのナンバーは控えたから、後で警察に言えば見つかるだろう

(C)会社に遅れるかもしれない

(D)相手が停まるかもしれない

(E)衝撃はあったけど、痛みはないし、車に傷もないかもしれない

などなど

 

そうこう思っているうちに、相手は自分と違う方向へ進んでしまった。

会社に着いて、上司等に話したが、「なんですぐ警察呼ばないの?」となった。

思い返せば自分でも「なんですぐ警察を呼ばなかったのだろうと」思った。

車をぶつけられて動揺し、冷静な判断ができないのに、一人で解決しようとしてしまった。

ナンバーさえあれば見つけられると高を括った。

しかも、ひらがなは雪でわからず、4桁の数字しかわかってないのに。

すぐに警察署へ行ったが、4桁の数字、車の色・形、30~40歳のメガネをかけた男性、というようなざっくり情報しかないため、見つけられるか不明とのこと。

心の底から後悔した。

「後」などない。「今」はもう二度と帰ってこない。

チャンスも同じ。

「またチャンスが巡ってくるだろう」という精神だったが、悔い改めることにした。

おそらく犯人は見つからず、自腹で車を修理することになる。

今回は高すぎる授業料だと思って、過ぎ去ったことをくよくよ考えることを止める。

 

(2)結果

時間が経ったのもあるが、気持ちの整理ができて、少しは楽になった

 ⇒効果あり

 

②ポジティブ思考

(1)実践

(A)最近、腑抜けだったので、気持ちを引き締めることができた

(B)話のネタになる

(C)この不幸と同じくらいの幸福が訪れる

(D)ケガはしなかった

(E)他の人に周知できた

 

(2)結果

①と被るが、ポジティブな気分になれ、ネガティブさが緩和された

 ⇒効果あり

③他のことに集中

(1)実践

 怒りは物事を覚えるのに適した状態

(A)滞ってたブログが書ける

(B)TOEICが近々あるので、英語の勉強がはかどる

 

(2)結果

 今は疲れてしまって英語の勉強まではいかなかったが、こうしてブログを書くモチベーションになった。

 ⇒効果あり

 

他にもあるだろうが、今ぱっとはこれらの対処法しか思い浮かばなかったので、実践した。

結果、すべて効果があると感じ、少しは楽になった。

他の方法の1つは早く寝て体を休める・忘れることだろうか。

今日は疲れたので、すぐ寝ることにする。