【日記】8/5 正解は選択した後に分かる

いつも最善の選択をしようとあらゆる情報を集めて、理論的に判断して選択肢を絞り、最も良さそうなものを選んできた。

ただ、それが本当に正解なのかは選択した後に分かること。

だから、最善の選択に近づけるために考えることは必要だけど、絶対じゃない。

むしろ、選択した後に『その選択を最善に仕上げる』ことが大切。

 

思い返すと、選択した結果が失敗になりそうだったとき、それをなんとか成功に変えようと行動したことがあった。

結果的に成功になったから、その時の選択も正解になった。

正直もっと良い選択があったと思うし、側から見たら間違った選択に思えるけど、結果的に(ゴリ押しして)成功に仕立てたから、周りからは成功とみなされた気がする。

 

改めて、最善の選択を考えるより、選択した後どう成功に近づけるかに時間を割くべき、と思った。